スカウト体験入隊募集中

見学・体験入隊、いつでも大歓迎です!
活動予定をご覧になり、6団のホームページよりお申込み下さい。

2016年12月23日

パインウッドダービ―カー製作/作る③・夜回り(BS隊合同)

市民としてできること、自分の街を大切に思う心

今日は12月最後の活動です。夜回りを行いました。
今年は、ボーイ隊と合同で行いました。



前日22日に、新潟県糸魚川市で大火が発生し、
多くの家が焼失しました。また、平塚や大宮でも火事が発生しました。
今回の火事で、被災された方々の一日でも早く、日常を取り戻されることをお祈りいたします。

このような、つらいニュースの後ですので、夜回り活動の重みを感じる活動となりました。
自分の街で、火事の悲劇が起きないことを願って、拍子木を叩きながら、
街を3コースに分かれて、ボーイ隊のスカウト一緒に回りました。

夜回りの前の2時間、カブ隊はパインウッドダービーカーの製作を行いました。
少しずつ、形に近づいてきています。リーダーと製作の進め方を確認しながら、
行いました。



次回の製作日、1月の活動日では、色付けを行っていきます。
冬休みは、車の表面がつるつるになるまで、やすりがけをがんばりましょう!
つるつるになると、綺麗に色がぬれますよ。

車づくりのあと、休憩し、ボーイ隊スカウトと一緒に夜回りに出発しました。
うさぎスカウト、拍子木を打つのが初めてでしたが、回数を重ねるごとに上手に鳴らしていました。

団舎に帰着後は、冷えた体を温める、ホットカルピスで年越しの乾杯をしました。



来年も良い年になりますように!

活動の様子は、こちらからもご覧ください!



2016年12月18日

BVS/CS 合同クリスマス会

 サンタさんとキャンドルナイト 

今日は、ビーバースカウトと一緒に、
クリスマス会を楽しみました。

今回は、15時からのクリスマス会です。
いつもとは違う時間の集合に、どんなお楽しみがあるのかワクワクします。

みんなそろって、クリスマス会開式です。
開式の最後には、鈴の音とともに、サンタさんがやって来ました!
今日は、みんなと一緒に過ごしてくださるそうです。



まずは、暗くなる前にサンタさんと一緒に記念撮影!



最初のプログラムは、キャンドルづくりです。

500mlペットボトルを使い、キャンドルホルダーを作りました。
キラキラの材料と色付けでそれぞれのキャンドルホルダーができました。
中に、LEDのキャンドルを入れて完成です。



工作が出来上がるころには、陽も傾き、寒くなってきました。
スカウトのお家の方もみんなで大輪になって、ソングゲームを楽しみました。
「ジングルベル」
    「ビリマンジャ」
「大きな歌」
「幸せなら手をたたこう」
「ユポイ ヤイヤ エーヤ」
「一年中のお友達」
「T.I.R.O」
★BVSダンス
「ロンドン橋落ちる」
「森のくまさん」
★デンコーチソング
「ホーキ・ポーキ」
「赤鼻のトナカイ」

スカウトソングを中心に楽しみました。ビーバースカウトには、
初めてのスカウトソングが多かったですが、みんなで踊って歌って、楽しい時間を過ごしました。

ソングの後はちょっとブレイク、ケーキとチキンスープをいただきました。
やっぱり、クリスマス会にはケーキですよね!

ケーキを食べる終わるころには、陽も落ち、真っ暗になりました。
外に出てみると・・・・・、



キャンドルの道が出来ていました!綺麗!
みんなが作ったキャンドルです!
道の先には、大きな白い袋を持ったサンタさんが待っています!




ビーバースカウト、カブスカウト、スカウトの兄弟姉妹の順にサンタさんから
クリスマスプレゼントをいただきました。
そして、サンタさんは、みんなに、昨年もみんなと約束したように、
来年会う日まで、一日ひとつ良き行いをすることを約束してほしいと話されました。

みんなが、サンタさんと約束を誓い、クリスマス会は終わりました。

活動の様子は、こちらからもご覧下さい。





2016年12月11日

パインウッドダービーカー製作/作る②

Dream Team

さあ、パインウッドダービーの季節です。
北多摩地区大会は、2月12日開催されます。

4回目の参戦となるチームmura6の今回の作戦名は、
<Dream Team>です。
自分の夢の車を形にしましょう。
自分の好きなもの、カッコイイと思うもの、レースカーにしてみたいもの、
想像したものをかたちにします。

製作に入る前に、
<僕の夢の車>をスカウトと一緒に製作する保護者の前で、
プレゼンテーション(発表)をしました。



出来上がりが楽しみな、夢の車が勢ぞろいしました。
スカウトの自由な想像力にリーダーはうれしく、感心してしまいました。

それでは、道具の扱い方、注意することを確認して
みんなで製作開始です。
まずは、描いてきた夢の車を、切り出すパインウッドに書き写します。
それができたら、のこぎりで不要なところを切り落としていきます。





初めてののこぎり、ナイフ、彫刻刀、やすりを使って、
形を削りだしていきます。
パインウッドダービカーレースプログラムの良いところは、
こうした、道具の扱い方を知り、経験を重ねることが出来るところです。

お家の方にご協力いただくことで、
いっしょに考えて作ることを共有できることです。



親子でのものづくりを楽しめるのは、
カブスカウトの年代が最後ではないでしょうか。
日々忙しく過ごされる中、大変な面もあるかも知れませんが、
レースで走る姿を楽しみに、よき思い出を作ってもらいたいと思います。

今日は、カブ弁当を保護者の方と一緒にいただきました。
寒さも予想されましたが、穏やかな冬ばれの中、
団舎の庭で作業を行うことができました。

活動の様子は、こちらからもご覧ください!